イボコロリで顔のシミ取りが出来る!?その効果は??

イボコロリ 顔のシミ

イボを取ることができる商品として、イボコロリはとても有名ですが、イボコロリで顔のシミ取りも出来るという噂があります。
ここでは、イボコロリで顔のシミ取りに効果があるのか?そして、イボコロリで顔のシミを取っても危険ではないのか?について書いています。

シミができる仕組みについて

 

シミの数は人によって異なりますが、小さなシミが顔中に広がるととても恥ずかしいですよね。そもそもシミは加齢によりできる場合が多く、紫外線など外部の刺激によるできることがほとんどです。紫外線を浴びると肌の細胞は刺激から守るためにメラノサイトが活発になり、ほくろの原因となるメラニン色素を作り出します。加齢により肌の細胞の働きが衰えると新陳代謝ば鈍くなるため、皮膚の下で待機しているシミ予備軍が徐々に表面にでてきてしまうのです。

 

イボコロリでシミ取りができるの?

イボコロリの成分は「サルチル酸」と呼ばれる成分で、シミをかさぶた状態にして治す働きがあります。皮膚の修復機能を活用した治し方なので、肌の働きが弱い人には向かない場合もあります。

 

イボコロリでシミ取りをする危険性について

 

イボコロリはシミ取りをするよりも、肌に刺激を与えシミ部分を溶かして肌の力で修復することが目的です。そもそもイボを取る薬のため刺激がとても強く、顔などの皮膚が敏感な部位には使用はできません。仮にイボコロリを使ってシミ取りをした場合も、肌の状態によっては跡に残りあざのようになる可能性もありますので、シミ取りをする場合にはイボコロリは使用しない方が安全です。

 

≫自宅で治療が出来るイボに効果のあるクリーム&ジェルランキングはコチラ≪